toggle

日本フスフレーゲ協会認定
メディカル医療従事者コース

Medical

価値ある技術で差別化を

HOME  >  メディカル医療従事者コース  >  角質ケア・鶏眼除去・疣贅ケアコース

年々フットケアの必要性が高まってきています。
足のトラブル胼胝(たこ)や鶏眼(魚の目)陥入爪(巻き爪)外反母趾の痛みは深刻で歩く事さえ儘ならなくなることがあるようです。
手術や処置での対応で無くフットケアによって足の痛みを軽減し改善します。
足のトラブルや痛みには原因があり、その原因を改善することにより痛みやトラブルを繰り返すこと無く根本の改善につなげることも可能です。
医療現場・介護福祉施設にフットケアを取り入れて頂き選択種の一つとして活用ください。

フットケア先進国ドイツでのフスフレーゲ・ポトロジーの経験とオーソペディ・シューフィッターなどの豊富な経験の講師が指導し、フットケアの専門技術と知識を習得していただきます。

角質ケア・鶏眼除去・疣贅ケアコース


角質をマシーン、ファイルにて除去する技術を学びます。また、角質が付く場所により、原因が異なる為、
角質が出来る根本原因までを習得。医療従事者コースでは、痛みにつながる鶏眼除去や、日本でも珍しい疣贅ケアも学べます。

角質ケア・鶏眼除去・疣贅ケア内容

フットケア先進国ドイツ連邦国立オーソペディシューテクニックハノーバー校で習得した本場フスフレーゲの技術と知識を伝授します。

角質・胼胝(たこ)ケアをマシーン、ファイルでの正しい使用方法や正しいニッパーの使い方など専門技術と鶏眼(魚の目)除去や、フットケアによる疣贅(いぼ)改善を身に付けていただき、メディカル・医療の現場で活躍できるまでの本格的フットケアを学べます。

角質・胼胝(たこ)・鶏眼(魚の目)ができてしまうには、何かしらの足のトラブル警告で原因があります。角質・胼胝(たこ)ケアだけでなく、原因と改善方を知ることまでが大切です。

講義内容

  • 皮膚学
  • 鶏眼(魚の目)と胼胝(たこ)の病態の相違
  • 胼胝(たこ)・角質・鶏眼(魚の目)・疣贅(いぼ)の違い
  • 主な角質となりやすい部分とその原因
  • 胼胝(たこ)・角質のbefore→after
  • 鶏眼(魚の目)のbefore→after
  • 疣贅(いぼ)のbefore→after
  • フットケアとHPVコントロールローション(特許第6781532号取得)
    の疣贅(いぼ)ケア経過
  • 施術手順

※HPVコントロールローション(特許第6781532号取得)

技術内容

  • マシーンによる角質・胼胝ケア
  • ファイルによる角質・胼胝ケア
  • 鶏眼(魚の目)除去ケア
    (ラインスティックによる鶏眼除去)
  • 疣贅(いぼ)ケア
    (HPVコントロールローション(特許第6781532号取得)によるケア)
  • 角質ケア前のカウンセリング
  • 角質ケア後のクロージング
    ※モデル実践練習・模型練習

授業で必要な備品・器具はレンタルいたしております。
ご希望の際はサロン価格にてお得に購入いただけます。
(ドイツ製商品・備品、当スクールオリジナル商品も含みます)

受講日程・受講料・支払方法

受講日程
受講料
13時間
220,000円(税抜価格 200,000円)
※テキスト代・修了証も含む
支払方法  一括振込
資格

日本フスフレーゲ協会(商標登録第4645297号)認定
角質ケア・鶏眼除去・疣贅ケア修了証を発行いたします。

無料説明会

フラワーフットバス後、角質ケアや足裏アーチ補正テーピング等を受けていただきます。
ご質問にはしっかり丁寧にお答えします。お気軽にお申込みください。 無料説明会は随時行っています。

説明会参加の際に受講お申し込みの場合、
受講料の5%を免除いたします。

無料説明会のお申し込みはこちら

各種お問い合わせ

各コースの受講や資料をご希望の方、
お気軽にお問い合わせください。
ご質問・ご相談にも随時ご対応しています。

資料請求はこちら 受講お申し込みはこちら

Point

  • マンツーマンの個別指導でしっかり学べます。
  • サロンと直結で、実践的で分かり易い指導が受けられます。
  • 無理なく通っていただく為に曜日や時間の希望を受け付けています。
  • 短期集中受講も行っているので遠方の方でも短期間で習得可能。
  • 認定取得後でも協会入会により随時質問を受け付け、安心。
  • 認定取得後、日本フスフレーゲ協会認定校受講によりスクールの開校が可能となります。

※当スクールは、スクールに合わせていただくのではなく、受講される方に合わせての指導を心がけています。

お問い合わせ・資料請求へ